「えご」ができるまで

えごづくり新潟県での主な産地は佐渡と出雲崎です。

佐渡産はつるっとした食感で硬さがありますので、薄く伸ばす「いごねり」に適しています。細く切ってところてんのようにお楽しみいただくのが一般的です。

出雲崎産は弾力があり、もちもちした食感が特徴です。四角く固めて一口大に切り分けていただくと、海藻の風味と独特の食感をお楽しみいただけます。

大きな釜に入れた「えご草」に水を加え、約30分間じっくりと煮て、練り上げます。凝固剤、添加物などは一切使いません。

煮て、練り上げた「えご」はとても粘性が強いものですが、いのかいのえごは口当たりを良くするために一度濾しています。これを容器に入れて固め、冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

トップへ戻る