「えご」の作り方

えご草かご盛りえごは「えご草」があれば煮て練り上げて冷やすだけなので、
家庭でも作れます。
練り上げに時間はかかりますが、ご自身がえご草から作った「えご」を
口にした方は、これが確かにハレの日の郷土料理だと実感できることと
思います。

 

【材料】

  • えご草 50g
  • 水 1000cc

【作り方】

  1. えご草をほぐしながらよく水洗いしたあと、ゴミを取り除きます。
  2. 水をよく切り、鍋で1000ccの水と共に煮立てます。
  3. 煮立ち始めたら中火にして、木べらなどでゆっくりかき回します。
  4. えごが煮溶けたら弱火にして、鍋の底を焦がさないように10〜15分間程度じっくり練ります。
    えご草が溶けにくい場合は、食酢を少量加えます。
  5. 煮溶かしたえごを鍋から容器に移し、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、冷やして固まればできあがりです。

水の分量、練る時間などでできあがりが違ってきます。お好みで分量、時間を調整してください。
下記の動画もご覧いただくと、コツが分かります。

トップへ戻る