「新潟蒟蒻(こんにゃく)」の作り方

こんにゃくづくり中こんにゃくは芋から作ります。つまりこんにゃくはジャガイモやサツマイモと同じ「野菜」なのです。

種類的には、サトイモやナガイモに近く、すりおろすと独特の粘り気があります。

こんにゃく芋はその土地の太陽のエネルギーと土の養分を充分に吸収して育つので、生芋から作ったこんにゃくには芋の味、風味があります。

こんにゃくの栄養素としては、水分が9割以上を占め、食物繊維が豊富に含まれているので、ローカロリーな健康食品として有名です。

 

こんにゃくの作り方は、大きく2つに分かれます

ひとつは、原料の「こんにゃく芋」を直接すりつぶして作る方法
もうひとつは、「こんにゃく芋」を一度粉にしたものから作る方法です。

いのかいでは、県内の農家の皆さんに協力していただき、100%新潟県産のこんにゃく芋を栽培することができました。
その芋をふかしてすりおろし、手づくりでこんにゃくを作っています。
芋の風味が広がり、やさしい味に仕上がりました。
煮物にした時の味染みも抜群です!

トップへ戻る